退院後そのまま有料老人ホーム?介護老人保健施設入所のメリット

退院してそのまま有料老人ホームはデメリットが多いです。老人ホームを探すときには余裕もって探せるのが一番ですが、急な入院をして病院から早急な退院を迫られて、病院の相談員から老人ホームを紹介されたりすることもあります。病院からそのまま老人ホームに入所するという形はあまりお勧めしません。なぜなら、老人ホームに入所してしまうとリハビリの機会を逃してしまい身体的にも生活の能力的にももっと回復できたかもしれないところをそのまま弱ってしまう可能性があるからです。

退院後のリハビリには介護老人保健施設

病院から退院後にまず第一の候補に挙げるべきは介護保険施設である介護老人保健施設です。介護老人保健施設は通称「老健(ろうけん)」と呼ばれます。有料老人ホームのように宣伝をしたりはしていないので、介護施設を探していても老人保健施設をターゲットにして探さない限りなかなか見つからないかもしれませんライフル介護で、介護老人保健施設で絞り込んで探すと見つけることができます。

介護施設探しがスムーズ!パソコンが苦手でも簡単に調べられます!

ライフル介護は「掲載施設数 No.1」 だから、他のサイトでは見つからない介護施設も見つかる!
特養、老健、ケアハウス、有料老人ホーム、グループホームなど、まとめて無料で資料請求・相談ができます!

希望のエリアは?
いくらかかるか確認

介護老人保健施設は原則入所期間3か月ほど

介護老人保健施設は、病院と居宅との中間的な立ち位置で、短期集中的なリハビリを行い3ヶ月ほどで退所するということを目指している施設です。病院に入院中はかなり時間をかけてリハビリを行いますが、病院からそのまま介護施設や老人ホームに入ってしまうとリハビリをする機会がかなり減ってしまいます。介護老人保健施設では、医師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士などがおり、短期集中のリハビリを行っている施設も多く、3ヶ月間ほどは毎日リハビリを受けることができる施設もあります。介護老人保健施設についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

介護施設探しがスムーズ!パソコンが苦手でも簡単に調べられます!

ライフル介護は「掲載施設数 No.1」 だから、他のサイトでは見つからない介護施設も見つかる!
特養、老健、ケアハウス、有料老人ホーム、グループホームなど、まとめて無料で資料請求・相談ができます!

希望のエリアは?
いくらかかるか確認

介護老人保健施設は回転が早く、タイミング次第ですぐ入所できることも

介護老人保健施設はリハビリを集中的に受けることができる施設であるので、一定期間のリハビリが終了すると別の施設もしくは自宅などへ退所するというサイクルが早いです。特別養護老人ホームや有料老人ホームなどは、施設での生活が送れないぐらいな状態になったり死亡したりしない限りはなかなか退去しないですので順番待ちをしているの長くなくなります。

介護老人保健施設の場合には、一定期間で利用者を回転させないと介護報酬が下がってしまう仕組みになっているので、施設の支援相談員などが回転率が高い状態でかつ満床を目指して動いています。

施設側としてもなるべく空いているベッドを減らしたいので、タイミング次第では介護老人保健施設に申し込んですぐに入居できるという場合もあります。

介護老人保健施設と同時進行で老人ホームを探すのもあり

ご紹介したように介護老人保健施設は一定期間で退所しなくてはならない施設です。

病院で数週間リハビリを行い、退院してからも介護老人保健施設でリハビリを行って、ある程度元気を取り戻した状態で、その状態にあった老人ホームを探そうと思ってもすぐには見つかりません。

介護老人保健施設に入所している間にも有料老人ホームなどの情報収集はできるので始めておく事をお勧めします。この段階ではどれぐらいまで元気になれるかは分かりませんので、もしかすると今まで通り家で生活できるかもしれないですし、状態の回復は難しい場合にはやはり老人ホームに入所となるかもしれません。

介護施設・老人ホームをお探しの方、施設には「定員」があり、空き部屋がないと入居できません。余裕をもって複数の介護施設・老人ホームを調べて資料請求や見学をしておきましょう。

介護施設探しなら「ライフル介護」

 テレビCMの「ライフルホームズ」の介護版
 手数料や仲介料など一切かからず無料
 パソコンが苦手でも簡単に探せる
わかりやすいサイトです

退院後の在宅復帰でも、老人ホーム入居でも老健を使う方がメリットが大きい

回復できた場合にはラッキーですが、もし家で生活できるくらいまでの回復が見込めない状態の場合には介護施設が見つかっていない状態だと息子様や娘様などの家族が色々な施設に問い合わせたり手続きしたりして慌ただしく動くことになります。介護老人保健施設はリハビリをするだけでなく家族などが、介護生活の準備をする猶予期間のような意味合いもあるため、利用すべき施設です。介護老人保健施設の相談員は、在宅復帰したケースや老人ホームに入所したケースなどいろいろなケースを経験しているため困った事を相談できるのもメリットだと思います。

介護施設・老人ホームをお探しの方、施設には「定員」があり、空き部屋がないと入居できません。余裕をもって複数の介護施設・老人ホームを調べて資料請求や見学をしておきましょう。

介護施設探しなら「ライフル介護」

 テレビCMの「ライフルホームズ」の介護版
 手数料や仲介料など一切かからず無料
 パソコンが苦手でも簡単に探せる
わかりやすいサイトです
介護施設・老人ホームの『ここが気になる!』よくある疑問に答えます!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう