よく読まれている記事

住宅型有料老人ホームは、生活支援等のサービスが付いた高齢者向けの居住施設です。介護が必要となった場合、入居者自身の選択により、地域の訪問介護等の介護サービスを利用しながら当該有料老人ホームの居室での生活を継続することが可能です。

住宅型有料老人ホームの要件

住宅型有料老人ホームには、「こういう施設が住宅型有料老人ホームだ!」という明確な決まりがありません。そのため、住宅型有料老人ホームという名前がついている施設でも提供されるサービスやルールに差が大きいです。

一部の住宅型有料老人ホームは、特定施設の指定を受けて介護付き有料老人ホームにする予定で進めていて、指定の要件が足りなかったり、自治体で計画する特定施設の指定件数より過剰になってしまったりして、施設の雰囲気は特定施設ですが住宅型有料老人ホームとなったというところもあります。

住宅型有料老人ホームもサービス付き高齢者向け住宅と仕組みは同じ

住宅型有料老人ホームもサービス付き高齢者向け住宅も仕組みとしては同じで、介護を受ける場合には介護保険の訪問介護や通所介護などを利用します。サービス付き高齢者向け住宅との違いとしては、住宅型有料老人ホームは、食堂でみんなで食事をとったり、共用スペースでイベントやレクリエーションを行ったりという施設として入居者同士で一緒に過ごす時間が多いです。サービス付き高齢者向け住宅の場合には、一人一人の生活がある程度独立していて、食事を一人でとるというスタイルも多いです。

住宅型有料老人ホームの施設サービス

住宅型有料老人ホームで提供されるサービスとしてよくあるサービスとして、食堂への移動のちょっとした介助や、ちょっとした生活上の支援などは介護保険とは別で提供されるので、施設サービス費に込みのこともあれば、提供するごとに課金されるシステムのこともあります
ナースコールで老人ホームのスタッフを呼ぶことなども施設サービスに込みのこともあれば、1回呼ぶごとに数百円という形で課金されることもあります。

住宅型有料老人ホームは、サービス付き高齢者向け住宅と仕組みは同じなので、住宅型有料老人ホームでも安否確認や生活相談などは提供されます。

安否確認

安否確認ー高齢者向け住宅・老人ホーム

サービス付き高齢者向け住宅で提供される安否確認は、定期的に入居者の安否を確認することや、緊急時に病院に連絡するなどが行われます。

生活相談

生活相談ー高齢者向け住宅・老人ホーム

サービス付き高齢者向け住宅で提供される生活相談は、入居している高齢者が日常生活を送るための相談や心身の状況に応じた医療介護サービスを受けるための支援が行われます。

住宅型有料老人ホームでの居宅サービス(介護保険サービス)

住宅型有料老人ホームでは、個々の利用者が、外部の介護保険サービスを利用することができます。住宅型有料老人ホームの場合には、施設と併設してケアプランを作るケアマネがいる居宅介護支援事業所があります。本来は、ケアプランを作ってもらうときの事業所選びは利用者の自由選択で外部のケアマネなどにお願いすることもできますが、住宅型有料老人ホームに併設している事業所にケアマネがいてくれる方が安心感があるなどの理由で併設事業所のケアマネにケアプラン作成をお願いすることになることが多いです。

住宅型有料老人ホームの職員配置

住宅型有料老人ホームには、職員配置数は、「入居者の数や提供するサービス内容に応じた数」や「夜間・緊急時に対応できる数とすること」などの決まりはありますが、それ以上の決まりはありません。

住宅型有料老人ホームは、介護保険に基づくサービス(訪問介護、通所介護、居宅介護支援など)も併設していることがほとんどです。介護保険サービスを提供している場合には、介護保険事業には明確な人員の基準があるためそれに従って職員や有資格者が配置されています。

有料老人ホームの職員が例えば訪問介護などを兼務する場合は、介護保険に基づくサービス有料老人ホームの勤務時間を勤務表で明確に区別するようになっているので、それぞれあらかじめ決められた時間にしか提供できない仕組みになっています。

住宅型有料老人ホームの費用は安いのか?

住宅型有料老人ホームは、ご紹介してきたように月額の家賃や生活費のほかに、それぞれの状態に合わせて介護保険サービスを組み合わせて普段の生活を送る形です。

住宅型有料老人ホームのパンフレットや、インターネットでの料金比較などを行っていると、特定施設よりも表記上安いので入居検討者からすると料金的に魅力に感じることが多いです。入居して実際に支払いを行うときには、以下のようなものも請求書に乗ってくる可能性がありますのでご注意ください。

住宅型有料老人ホームの費用の料金とサービス費

実際に支払う料金は、パンフレット等に明記されている家賃や水道光熱費、サービス費や管理費、食費などのほかに、介護保険サービスの自己負担分、もしも施設のナースコールや介護保険で賄いきれない移動や離床の介助、汚物の洗濯やなどが自費である場合にはそれらも課金されて請求されますのでご注意ください。

住宅型有料老人ホームの費用の内訳の明細例

ホーム基本料金

入居中、基本的に固定費としてかかる

費用の例
家賃相当分
水道光熱費
管理費
施設サービス費
食費

施設サービス課金

実際に提供された回数や時間で課金請求される

費用の例
生活必需品の購入代行
ケア用品代
付き添い代
洗濯代
など

介護保険自己負担分

ケアプランで定めた計画により決まる

費用の例
訪問介護・訪問看護
通所介護
通所リハビリテーション
福祉用具貸与
など


実際の費用がどれくらいになるのかは、施設見学や入居相談のときに、実際の請求書のサンプルを見せてもらったり、上記で紹介したようなことがあった場合に追加料金が発生するかなどを確かめると後から後悔することが少ないかと思います。考え方次第では、住宅型有料老人ホームはいいところどりできる施設形態なので失敗しないように選びましょう!


特養・有料老人ホーム探すならこちら
入居金や月額費用の目安、介護度、立地など、条件で探して見学から始めましょう!

\ 迷ったらこちら!データも利用者も最も多い「かいごDB」! /
>

\ 探しやすさなら、住まい探しで有名なライフルホームズ! /


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします