「はなことば」有料老人ホームの特徴・費用・評判・口コミのまとめ

介護施設・老人ホームの検索・比較・相談はこちらから

かいごDBでは、全国30万件の老人ホーム情報から、料金や空き状況を確認できます。
かいごDBは、登録料、紹介料、仲介料などは一切かからず、生活保護や月8万円以下などのこだわり条件まで幅広い。
老人ホームには定員があり、空きがないと入居できないため、ゆとりをもって複数の施設の見学をおすすめします。

\ 施設の評判、料金や空き状況を簡単に確認できる!

プラウドライフ株式会社が運営している有料老人ホーム「はなことば」について口コミや評判、特徴、利用料金について紹介します。入居する前に知っておきたいポイントをまとめておきますので、こちらの内容を読んでから資料請求や入居相談をしていただくことをお勧めします!

有料老人ホーム「はなことば」プラウドライフ株式会社の特徴

有料老人ホーム「はなことば」を運営するプラウドライフ株式会社は、ソニー生命やソニー損保などを傘下に持つソニーフィナンシャルホールディングスの一員のソニーグループ企業です。プラウドライフという名前からソニーが運営しているということはあまり知られていませんが、日本を代表する企業であるソニーが基盤になっている企業であり、有料老人ホームはなことばも安心感がある施設といえます

有料老人ホームはなことばの特徴

有料老人ホームはなことばは、東京、神奈川、群馬、そして新潟と東北エリアにホームがあります。

利用者本位の生活をとても大切にしており、別途料金はかかりますが利用者の好きなことや叶えたい夢などを支援する「フリープラン」というパッケージを用意しており、要介護状態になっても野球観戦に行ったり、お寿司屋さんに食事に行ったり、コンサートに行ったりというような入居者の楽しみや夢を叶えるために施設職員が工夫を凝らしてくれるという取り組みが印象的です。

その他の有料老人ホームでもこのような取り組みをしようとしているところはありますが意外とできないものです。

はなことば自体は月額料金もかなり安めの良心的な施設ですので、たまに贅沢をしたり楽しみを持ったりできるということは多少実費がかかったとしてもありがたいサービスだと思います。

その他にも細かいところですが、施設によっては外出のために電動車椅子の貸し出しを行っていたり、施設内でアルコールを提供してくれる機会があったり、なかなか他の老人ホームでは取り組みにくいようなことを取り組んでくれる自由度の高い介護を行っている点はとても評価できると思います。

有料老人ホームはなことばの費用・月額料金の目安

有料老人ホームはなことばの費用は施設の立地やタイプにより異なります。地方の施設などでは月額18万円程度と介護保険の自己負担部分などの料金で利用できるところもあります。

東京都内の施設などでは前払金が500万円から1000万程度あるプランで月額20万円から25万円程度の施設もあります。

介護施設をかんたん検索!無料で資料請求!
日本最大級の施設・老人ホーム情報サイト
「かいごDB」はこちらから!

有料老人ホームはなことばの口コミ評価

はなことばという名前がついている施設の中に特定施設の指定を受けた介護付有料老人ホームや、グループホームサービス付高齢者向け住宅住宅型有料老人ホームがあるため、気になる施設がある時にはどのような施設形態であるかを確認しないとサービスの内容などにそこが出る可能性があります。

はなことばの特徴としては料金が安いことと、サービスが充実していることが挙げられます。

費用的には安めの設定にはなっていますが、もっと安い施設を探せばあることは確かです。ただ親を入居させる家族としては少し楽しみがあるような生活を送れる施設の方が親孝行しているような気持ちになります。

費用が安い有料老人ホームとしては「サニーライフ」や「イリーゼ」などが全国展開していますが、もし近くに「はなことば」がある場合にはサービスの違いや比較対象として見てみることもありかもしれません。はなことばの施設の資料は、利用者の願いを叶えるフリープランの話や居酒屋メニューを揃えてアルコールの提供をしてくれた話など読んでいてもとても明るい気持ちになりますので、資料請求する時には合わせて情報収集だけでもしてみることをお勧めします!

介護施設・老人ホームの資料請求・見学相談はこちらから

かいごDBでは、全国30万件の介護施設情報から、料金や空き状況を確認できます。 介護施設は空室・空きベッドがないと入居できないため、ゆとりをもって複数の施設の見学をおすすめします。

\ 条件に合う施設、施設の空き状況を確認できます!

介護施設・老人ホームの『ここが気になる!』よくある疑問に答えます!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう