老人ホームの手引きとは

「老人ホームの手引き」は特別養護老人ホーム・有料老人ホーム・介護老人保健施設・グループホームなどの要介護高齢者の介護保険施設の仕組みや特徴のご案内するサイトです。

老人ホームの手引きの特徴

老人ホームの手引きは、介護業界に精通した編集スタッフが、中立的な立場で介護の現場感を大切に発信をしております。

中立的に掲載

専門家監修

リアルな情報

厚生労働省や地方自治体が介護施設についていろいろな情報発信を行なっていますが、その内容はわかりにくいものが多いです。また、営利法人などが運営をしている有料老人ホームなどは、わかりやすい説明はありますが、施設のデメリットや行き届かないところなどは入居してみないとわからないなどの課題があります。老人ホームの手引きでは、介護施設の仕組みや制度、入居基準、サービス内容、費用など、第三者としての中立的な立場から紹介しています。

高齢になり、介護の心配が出てくると老人ホームや介護施設への入居を検討する時期がきます。高齢化が進み平均寿命は80歳を超え、健康に生活をしていることを表す「健康寿命」は70歳〜75歳くらいとも言われます。70歳代でも特に介護や支援は必要なく元気な方もたくさんいます。

介護老人保健施設の役割と法律上の定義(介護保険法)

介護を受ける可能性がある世代も、その息子や娘の世代も、介護施設はまだ早いと思いながら過ごしているうちに、急に体調を崩したり、怪我をしたりしたことがきっかけで、家での生活が困難になることがあります。家での生活がいきなり困難にならなぬとも、体が弱ったり、物忘れが増えたり、徐々に家で生活することへの不安が大きくなっていくこともごく一般的なことです。

老人ホームの手引きは、人を支える仕事をしている人を支えるためのサイト「介護健康福祉のお役立ち通信」が運営する老人ホームに特化したサイトです。介護健康福祉のお役立ち通信は、介護や医療業界に勤めている方向けに、仕事に必要なお役立ち情報を配信しているサイトです。

「老人ホームの手引き」では、特別養護老人ホームや高齢者向け住宅、有料老人ホームなどの情報を探している方や、介護施設のことが難しくて困ってしまっている方などに向けて、介護の現場の視点と、一般視点を交えてできるだけシンプルに正しい情報をお伝えすることを大切にしています。

ぜひ老人ホーム探し、介護施設の仕組みや役割などをお探しの方は、老人ホームの手引きをご参考にしていただけますと幸いです。