有料老人ホーム「アヴィラージュ」の特徴・費用・口コミのまとめ
介護施設・有料老人ホームは早めの資料請求が大切です!
ライフル介護なら「早く入居したい」「費用は月額10万円~15万円以内」「医療体制が安心」など条件に合う介護施設・老人ホームを自分で調べて、まとめてかんたん資料請求できます。施設には定員があるので、人気施設や高条件な老人ホームは空きがないことも普通です。空き状況なども含めて、まずは条件に合う施設候補を見つけてくださいね。
希望のエリアは?
これから探す人におすすめ

株式会社はれコーポレーションが運営している有料老人ホーム「アヴィラージュ」の特徴・費用・評判・口コミなどをまとめて紹介します。入居や資料請求をしようか迷っている方向けにポイントをまとめましたので、読んでから他の施設と比較したり資料請求して入居検討したりすることをお勧めします!

はれの有料老人ホーム「アヴィラージュ」の特徴

はれコーポレーションが運営している有料老人ホーム「アヴィラージュ」は、住宅型有料老人ホームです。

株式会社はれコーポレーションは、全国に30施設ほどの介護付き有料老人ホーム「あいらの杜」や、住宅型有料老人ホーム「アヴィラージュ」を運営しています。

アヴィラージュは、「入居者様やそのご家族にとって、自分の家のようなアットホームな雰囲気の中、村の繋がりがあるような1人ひとりの自分の家が集まった場所となるような高齢者の住まいを目指して名付けています。」というコンセプトで、医療を重視した施設であることが特徴です。各施設が複数の病院やクリニックによる医療サポートに加え看護師職員を配置し、医療的なケアが必要な方、要介護4や要介護5など日常生活全般に介護が必要な状態でも、住宅型施設としての特性を生かしながら地域のサービスなどを利用して生活を継続できる体制が整っています。併設の訪問介護事業所もありますが、地域に希望するデイサービスやデイケアがあれば継続利用も可能です。(資料請求の上、施設とご相談を)

他社の運営する有料老人ホームと比べても協力医療機関が非常に多く、診療所から訪問診療、総合病院や歯科などまで、連携体制ができており、入居中の医療面についても選択肢が多いのが特徴です。医療面に不安がある方こそ、他社の老人ホームよりも非常に安心感があると言えます。

はれの有料老人ホーム「アヴィラージュ」の入居金・月額費用

はれの有料老人ホーム「アヴィラージュ」は、施設の立地や設備によりますが、目安としては入居一時金ありで300万円ほど、月額費用で20万円ほどの料金になります。介護のための費用などは介護保険の居宅サービスで利用した分の自己負担分が発生しますので、数万円上乗せが生じると思います

有料老人ホーム「アヴィラージュ」の口コミ・評判

アヴィラージュを運営しているはれコーポレーションは介護事業以外にもホテル事業や保育事業など、ホスピタリティや人間性が重視される業界で躍進している企業です。建物や設備はやや古くなっている施設もありますがホテル事業などを行っているノウハウや、医療機関との連携や医療職による衛生管理の知見などを活かしながら清掃や清潔な施設づくりなどには力を入れているという様子です。

アヴィラージュで働いている職員の口コミとしては、残業がほぼなく帰ることができ、研修や施設のケアの方針などもと整っているので働きやすいという傾向が見られます。これらは本社からの指示というよりは各施設の管理者やリーダーなどが考えながら職員の成長や職員の働きやすさ、そしてどうすれば入居しているご利用者に対して良いケアが提供できるかということを自発的に考えているという社風があることが反映されているようです。

ただ、アヴィラージュは住宅型有料老人ホームという形態であるため、介護を提供するときには施設のサービスとして提供するわけではなく、訪問介護などとして提供するというルールの難しさがあります。これはどこの住宅型有料老人ホームでも悩ましいところですが、働いている人も、入居して生活している方もしっかりとルールを理解していないと認識の齟齬が生じやすいです。どちらかと言えば、あいらの杜の方は介護付き有料老人ホームなので受けることができる介護がわかりやすく、高い頻度で介護が必要な場合などにはあいらの杜の方がおすすめです。

あいらの杜もアヴィラージュも、はれコーポレーションの運営する老人ホームの強みである医療機関との連携は実際に有料老人ホームに入居する時にも安心感がとても強いと思います。糖尿病や排泄、呼吸器など、日々の生活の中で医療的な関与が必要な状態の方や、認知症の症状などがある方も投薬や医療的なケアを受けながら落ち着いた生活ができる環境が整っている評判もある施設です。

アヴィラージュは住宅型有料老人ホームですが、介護付き有料老人ホームのあいらの杜同様に、糖尿病でインシュリンの注射が必要な場合や、痰の吸引が必要な場合、体を動かすことが難しく皮膚の状態があまり良くないなど、認知症の症状が強くなってきているが落ち着いた生活がしたいなど、医療機関と連携しながら苦痛を少なく穏やかに生活がしたいというニーズにこたえてくれる施設だと思います。医療面が気になる場合には、他の施設に比べて充実しているため資料請求や相談をして見ることをお勧めします。

簡単!介護施設・老人ホームの検索・情報収集はこちらから!

LIFULL介護は「掲載施設数 No.1」 だから、他のサイトでは見つからない介護施設も見つかる!
特養、老健、ケアハウス、有料老人ホーム、グループホームなど、まとめて無料で資料請求・相談ができます!

希望のエリアは?
いくらかかるか確認
介護施設・老人ホームの『ここが気になる!』よくある疑問に答えます!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう