新型コロナ蔓延の緊急事態宣言中に老人ホームの面会・見学や新規入居はできる?

新型コロナウイルス蔓延防止のために、政府が緊急事態宣言を発令し、不要不急の外出を自粛するように呼び掛けが行われていますが、この状態での老人ホームの見学や面会、入居の受け入れは施設の判断により様々です。

新型コロナウイルス蔓延防止のための緊急事態宣言下、自粛ムードの中での老人ホームの探し方と、施設見学や新規入居の可否・注意点について、厚生労働省のガイドラインなども交えて解説します。

【要注意】介護施設・老人ホームをお探しの方、施設には「定員」があり、空き部屋がないと入居できません

入りたい時にその施設に入れるかはわかりません。1つの施設だけしか候補がないと、入りたい時に入れない状態になります。早く施設に入りたい場合も、今後に備えて情報収集する場合も、1件に候補を絞るのではなく、数件は調べておきましょう。いろいろな施設を比較して候補を挙げ、あとはタイミングのご縁で選んでいる人が多いです。

施設掲載数No.1の「ライフル介護」

テレビCMでもよく見る「ライフルホームズ」の介護版
手数料や仲介料など一切かからず無料
パソコンが苦手でも簡単に検索・比較ができる
わかりやすいサイトです

新型コロナ感染拡大の緊急事態宣言で老人ホーム入居者への「突発的な面会」は不可でお断りが多い

新型コロナウイルス感染症は、高齢者が感染すると重篤化しやすいことから、老人ホーム入居者への不要・不急な面会を極力控えていただくように通達していることが多いです。また、発熱や咳の症状のある場合や、身近な方に同様の症状が表れている方、本人または同居親族で、国内外の発症者のある地域・施設等に出入りされた方などは面会を禁止していることが多いです。

新型コロナウイルスの感染を防ぐため新規入居・見学は拒否されるとは限らない

要介護状態などのお父様・お母様などが、骨折や体調を崩して入院し、回復して退院することを促された場合など、老人ホームや介護施設での生活を早急に検討しなければならないケースもあります。新型コロナウイルスの蔓延防止のための影響で。退院後に入居できる老人ホームを探しているときに、ちょうど新型コロナウイルスの感染を防ぐため、新規入居・見学を自粛しているムードはあります。

短時間の施設見学をすべてを拒否されるかというと、事前に相談すればすべて拒否されてしまうとは限りません。

また、新規入居についても、有料老人ホーム等の多くの施設は個室であり、例えば通常は食堂で食事をとるけれど最初の2週間は居室は以前にするなど、ほかの入居者や職員などとの接触時間を制限するなどど施設側も対策をしたうえで入居を受け入れるケースもあります。

新型コロナウイルスの影響で入居に向けた見学や新規入居を全面的に拒否する体制のホームはありますが、全てではありません。ただし、この時期、身分や健康状態もわからない人がいきなり訪問しても入館NGになりますので、事前に事情を説明して見学や入居の可否を確認しましょう。

個人として入居相談の打診をすることもありですが、ライフル介護などの専門サイトに登録して無理ない条件・第三者の介入を得て施設を探すこともメリットが多いです。

 介護施設探しがスムーズ!パソコンが苦手でも簡単に調べられます! 

ライフル介護は「掲載施設数 No.1」 だから、他のサイトでは見つからない介護施設も見つかる!
特養、老健、ケアハウス、有料老人ホーム、グループホームなど、まとめて無料で資料請求・相談ができます!

希望のエリアは?
いくらかかるか確認

老人ホームなどの社会福祉施設等における感染拡大防止のための留意点(厚生労働省)

厚生労働省が、老人ホームや社会福祉施設に対し、「新型コロナウイルス感染症対策の再徹底について」という事務連絡などを通達し、重篤化するリスクが高い高齢者が入居する施設での対策を呼び掛けていることも影響しています。

(面会及び施設への立ち入り)

○ 面会については 、感染経路の遮断という観点から、緊急やむを得ない場合を除き、制限すること。テレビ電話等の活用を行うこと等の工夫をすることも検討すること。面会者に対して、体温を計測してもらい、発熱が認められる場合には面会を断ること。

○ 委託業者等についても、物品の受け渡し等は玄関など施設の限られた場所で行うことが望ましく、施設内に立ち入る場合については、体温を計測してもらい、発熱が認められる場合には入館を断ること。

○ 面会者や業者等の施設内に出入りした者の氏名・来訪日時・連絡先については、感染者が発生した場合に積極的疫学調査への協力が可能となるよう記録しておくこと。

社会福祉施設等における感染拡大防止のための留意点について(その2), 厚生労働省事務連絡, 令和2年4月7日

このようなガイドラインも参考にしながら、従業員の感染防止・既存の入居者の感染防止に努めながら、可能な限り相談者・入居検討者のご要望に沿える体制を取っている施設が多いです。

このように、発熱などの無い状態で、感染対策をしたうえでならば例外なくすべて入館拒否、入居拒否というわけではありませんので、老人ホームを探して相談してみましょう。

【要注意】介護施設・老人ホームをお探しの方、施設には「定員」があり、空き部屋がないと入居できません

入りたい時にその施設に入れるかはわかりません。1つの施設だけしか候補がないと、入りたい時に入れない状態になります。早く施設に入りたい場合も、今後に備えて情報収集する場合も、1件に候補を絞るのではなく、数件は調べておきましょう。いろいろな施設を比較して候補を挙げ、あとはタイミングのご縁で選んでいる人が多いです。

施設掲載数No.1の「ライフル介護」

テレビCMでもよく見る「ライフルホームズ」の介護版
手数料や仲介料など一切かからず無料
パソコンが苦手でも簡単に検索・比較ができる
わかりやすいサイトです
介護施設・老人ホームの『ここが気になる!』よくある疑問に答えます!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう