特別養護老人ホームの基準費用額と自己負担金額(ユニット型・多床室)
【要注意】介護施設・老人ホームをお探しの方、施設には「定員」があり、空き部屋がないと入居できません。
資料請求や相談は無料です。早めに複数の施設を候補の情報収集をして備えておくことをおすすめします。
人気の施設は入居したい時に空いていないことの方が多いです。1つの施設だけしか候補がないと、入居したい時にできない状態になります。早く施設に入りたい場合も、今後に備えて情報収集する場合も、1件に候補を絞るのではなく、数件は調べて資料請求や相談をしておきましょう。いろいろな施設を比較して候補を挙げ、あとは空きがあるかのタイミングのご縁で入居施設を決めている人が多いです。

施設掲載数No.1の「ライフル介護」

・テレビCMでもよく見る「ライフルホームズ」の介護版
・手数料や仲介料など一切かからず無料
・パソコンが苦手でも簡単に検索・比較ができる
わかりやすいサイトです

特別養護老人ホームの食費・居住費の基準限度額

特別養護老人ホームの介護報酬の対象外となった食費・居住費の平均的な費用額(基準費用額)を紹介します。

ユニット型個室 1,970円

ユニット型準個室 1,640円

従来型個室 1,150円

多床室 840円

基準費用額・負担限度額(居住費)について

特別養護老人ホームでは、居住に要する費用については、室料・光熱水費が利用者負担となっています。一方で、低所得者対策として、介護報酬の対象外となった食費・居住費の平均的な費用額(基準費用額)から、所得に応じた負担限度額を控除した額を支給する制度として、補足給付(自己負担限度額)があります。

自己負担限度額は、利用者負担を、所得と年金給付との関係を含めた所得状況を勘案して第1段階~第3段階としています。段階の概要は以下です。

・第1段階: 生活保護受給者、市町村民税世帯非課税で老齢福祉年金受給者 等
・第2段階: 市町村民税世帯非課税、本人の年金収入等80万円以下
・第3段階: 市町村民税世帯非課税、本人の年金収入等80万円超
・第4段階: 市町村民税世帯課税(例えば、夫婦2人世帯で、本人の年金収入211万円超)

※平成27年8月より、入所者が世帯非課税であっても、①配偶者が課税されている場合、②単身で1000万円超、夫婦で2000万円超の預貯金を保有している場合には、補足給付の対象外(第4段階)となっています。

介護施設・老人ホームの資料請求が無料

老人ホームや高齢者の住まいは高いと思っていませんか?高いホームもありますが、年金受給者や生活保護の方も入居できる施設もたくさんあります。お部屋探しのCMでも有名なライフルホームズなら、将来も見据えたシニア向け住宅から、要介護状態でゆったりと過ごす老人ホームまで、家賃や介護の費用、立地などから簡単に探して資料請求できます。

探したい地域は?
検索して資料をもらう

地域で探す 老人ホーム・介護施設の検索なら【ライフル介護】 老人ホーム・介護施設の検索のライフル介護

  • 介護施設も探しやすい!ライフルホームズの介護版!
  • 月間サイト利用者数120万人以上!資料請求も簡単!
  • 相談料・仲介料・入居手数料などはかかりません

\ まずは資料集めから / 老人ホーム・介護施設の検索のライフル介護 老人ホーム・介護施設の検索のライフル介護

介護施設・老人ホームの『ここが気になる!』よくある疑問に答えます!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう