有料老人ホームでお菓子や嗜好品の押し売りはあるか

Warning: Attempt to read property "ID" on null in /home/otakiyama/heart-life.net/public_html/wp-content/themes/diver/lib/functions/diver_settings.php on line 513

Warning: Attempt to read property "post_content" on null in /home/otakiyama/heart-life.net/public_html/wp-content/themes/diver/lib/functions/diver_settings.php on line 522

有料老人ホームに入居するとお菓子や日用品、物品の押し売りがあり、月額費用を押し上げてしまう原因になることがあるという話をします。
有料老人ホームに入居する場合には月額費用がある程度一定になっているものですが、日用品やお菓子や飲み物などの嗜好品などは当然ながら自己負担になります。老人ホームに入居している時の楽しみを見出すのはなかなか難しいので、お菓子やジュースなどの嗜好品を購入したい気持ちになりやすいです。押し売りかどうかの判断は非常に難しいです。

有料老人ホームを運営する企業としてもこのような物品販売は利益になりますし、利益だけではなく少しでも楽しみある生活をしてもらいたいという気持ちからもこのようなサービスを取り入れている場合があります。
入居している方からしても、施設から提供されるお菓子を食べるだけでなく自分で選んだお菓子やジュースを飲んだり食べたりすることが、生きる上でのちょっとした楽しみとして悪いことではないと思います。

老人ホームでお菓子や日用品の押し売りはあるのか

老人ホームでお菓子や日用品の押し売りがあるかについては、施設の方針にはよると思いますが極端な押し売りはしない方が多いと思います。有料老人ホームのビジネスモデルは当然ながら長い間入居していていただくことが最も安定した運営につながりますので、一時的な極端な支払いをさせたり、わざと不健康になるようなことや、家族や身内・身元引受人であるかとトラブルになるようなことをわざわざするとは考えにくいです。

有料老人ホームを運営する企業の中には保険外収益を重視している場合もある

有料老人ホームを運営する方針によっては、介護保険以外の売り上げのノルマを課せられていたり、自費での売上を計上の指標に置いていたりするような企業があることも事実です。

ガイアの夜明けで低価格な有料老人ホームのサニーライフでお菓子の販売をしていることが取り上げられ、サニーライフで押し売りしているのではということが話題になったことがありました。

サニーライフ以外の老人ホームでもお菓子や日用品の販売をしていたり、ネットスーパーで販売代行をしてくれたりする老人ホームもあります。

このようにノルマや経営上の指標として保険外の売り上げを定めている場合には、責任を負う施設長やホーム長などの責任のもとで保険外のサービスや自費の商品の売上を上げることに注力してしまうこともあります。このような状態になると利用者側からするとお菓子などを押し売りされたという風に捉えられます。

お菓子や嗜好品は老人ホーム入居者の唯一の楽しみの可能性も

現実的には施設側が無理やり押し付けてお菓子などを売りつけてるというよりは、入居者が楽しみの一つとしてお菓子を買いたいという意思を示して購入していることの方が圧倒的に多いと思います。
それでも家族や支払いを管理している身元引受人などからすると、入居している本人は希望して購入した場合でも「自費のものが一切買わないように言ったのに支払いが増えているじゃないか」と押し売りされたように捉えられてしまいます。

日用品や嗜好品などお金がかかるものはどうしてもお金がかかる

介護や福祉の事業はボランティア精神もありますが、お菓子や日用品など本当にお金がかかっているものは無料で提供するのでは成り立ちませんので、押し売りされたと非難をする前に、状況や経緯などを確認するようにしたほうが良好な関係を保ち、入居しているかたへの接し方も丁寧になると思います。

老人ホーム側のトラブルにはなりたくないし、利用者にも喜んでもらいたい

老人ホームの運営者はトラブルになってクレームに対応したりするほうがよっぽど労力がかかりますので、かわせるなと言われれば買わせないこともできますが、それはそれで入居している本人からクレームや非難を浴びることになったりするので、どちらの気持ちを優先するか、非常に微妙な立場になっていることが多いです。

まとめ

今回は有料老人ホームでお菓子の押し売りがあるかについて考えてみましたが、入居している本人の希望や楽しみが何であるかを把握しながら、本当に利益追求のために押し売りされているのか、入居している本人の気持ちも考えて提供しているのか観察や状況聴取することが必要だと思います。どのような施設なのかは、見学をして相談員に相談して、認識の違いが無いようにできるといいですね!

介護施設・老人ホームの資料請求・比較はこちらから!

老人ホーム・介護施設の検索なら【ライフル介護】 老人ホーム・介護施設の検索のライフル介護

  • 【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】の介護版!
  • 月間サイト利用者数は120万人以上
  • 相談料・仲介料・入居手数料などはかかりません

\ 資料請求や比較も簡単! / 老人ホーム・介護施設の検索のライフル介護 老人ホーム・介護施設の検索のライフル介護

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう