よく読まれている記事

失敗しない為の老人ホームの探し方

老人ホームを探す時、自宅での生活が出来なくなって、二進も三進もいかなくなり、慌てて探すというケースもありますが、失敗をしないためにあらかじめ老人ホームがどんなところであるのか軽い気持ちで見ておくことをお勧めします。

近年、養護老人ホームをはじめ、高齢者の住まい不足が社会課題となっているので、国としても高齢者が住みやすい住宅や施設を建てるときに助成金を出して奨励をしてきました。

その後押しもあり、老人ホームや介護施設は、とても綺麗で、新築の物件がたくさんあります。開設間もない老人ホームを見ると、新築でとても綺麗な建物なのに入居金もなく、月額費用も想像以上に安いというところに当たることもあり、入居契約を即決したり、「空室があとひと部屋しかないのです。」など、巧みなセールストークで仮予約の前受金を払ってしまったり、色々な失敗をすることが多いと聞きます。

老人ホームを探す時には、支払い・1日通した生活イメージが大切

健常な若者が賃貸の自分の住まいを探す時ならば、駅が近いことや学校が近いこと、なんとなくおしゃれでかっこいいなど、大きなこだわりはなく、自分の住まいを決めることができます。しかし、高齢者が自分の住まいとする老人ホームや施設を選ぶ時には、朝起きてから夜寝るまで、そして、夜寝ている時の心配にどれぐらい対応できるか、自分がその場で生活するのを想定して、納得のいく施設選びをする必要があります。また、高齢者の施設の場合には、居住費や賃料、水道、光熱費などだけではなく、食費や洗濯の費用、おむつ代などの日用品費、自分の身の回りの世話をお願いした時の介護サービス費や、見守りや駆けつけの費用など、実際の支払いも想定しながら、無理のない選択をしなければなりません。

早めの情報収集、複数の施設を見学して話を聞く

このサイトで紹介しているように、単に老人ホームや高齢者施設と言っても、提供されるサービス内容や介護の量などには、大きな違いがあります。費用が安い老人ホームと言ったら、特別養護老人ホームだと決めつけてしまうのは、少し危険かもしれません。特別養護老人ホームが比較的費用が安くなる理由は、所得や資産の状況に応じて支払額の減免措置が受けられるからです。このことを負担限度額認定というのですが、この認定が下りない場合には、有料老人ホームなど民間の法人が運営している特定施設などと料金は多くは変わりません。百聞は一見にしかずなので、早い段階から老人ホームを複数見学し、できれば支払明細のサンプルなども見させてもらい、より具体的な介護施設生活のイメージを膨らませておくことが大切です。

介護施設の安心・確実な見つけ方

介護施設をお探しなら、みんな使っている「かいごDB」が安心です

 情報数が多いから、無理なく入居可能な施設がすぐわかる!

  • 運営は東証1部上場企業「エス・エム・エス」
  • 全国30万件以上の圧倒的な介護事業所情報数
  • 入居希望時期・介護度・予算など条件から現実的な施設がわかる
  • 施設探し・入居の不安も専門の相談員がサポート
  • 相談料・仲介料・入居手数料など一切なし!完全無料

\ まずは希望条件から探す /

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします