サニーライフ、イリーゼ… 料金安めの介護有料老人ホーム比較

入居金が0円で比較的月額費用が安いと言われている有料老人ホームについて、サニーライフとイリーゼを例に挙げて、違いや入居を検討するときに気をつけるポイントを紹介します。

サニーライフとイリーゼの料金・サービス比較

料金が安めで比較的全国展開している有料老人ホームについて、サニーライフイリーゼを例に挙げて比較してみたいと思います。

サニーライフ イリーゼ
入居一時金 全施設入居金0円 全施設0円プランあり
月額費用 20万円前後〜

施設によりキャンペーン価格で妙に安くなっていることがある!

20万円前後〜

住宅型有料老人ホームの場合、利用するサービス等により若干変動あり

サニーライフの場合には、介護付き有料老人ホームなので24時間体制で一定の介護職員がいなければならないルールを守らなければならない形態の有料老人ホームなので、介護を行う上での追加料金はあまりありませんが、施設内で購買しやすい仕組みがありお菓子などの嗜好品や日用品の費用がかかる場合があると言われてはいます。

イリーゼの場合には、多くの施設は介護付有料老人ホームになっていますが、住宅型有料老人ホームもあるので、住宅型有料老人ホームでは家賃や食費に当たる部分は固定費ですが、介護にかかる費用は訪問介護などで提供されるため、ケアマネジャーと相談してどのようなサービスを利用するかによって費用が異なります。日帰り旅行など有料のイベントなどにも力を入れているため、それらを利用したりする場合には追加の費用がかかったりします。

通常の介護サービスの部分だけを取れば各ブランドそんなに大きくは変わらずプラスアルファでそれぞれの会社の色を出しているという感じです。

介護付有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの違い

施設によっては「介護付有料老人ホームも住宅型有料老人ホームもほとんど同じ」という説明をしている場合がありますが、実際にはかなり違います。同じだと言っている施設の方は信用しない方が良いでしょう。

特に住宅型有料老人ホームで要注意

住宅型の有料老人ホームの場合には家で生活してるのと同じように訪問介護や通所介護などのサービスを利用しながら生活するということです。ケアマネジャーが生活に困らないようにケアプランを組んで介護サービスが提供されますが、例えば朝の寝起き・着替え・排泄を訪問介護で毎日提供し、毎晩も口腔ケア・着替え・排泄などを訪問介護で提供したりしたら、それで介護保険の利用できる限度額一杯になってしまい、その他の介護サービスがおろそかになるなどの場合があります。

介護付有料老人ホーム(特定施設)、住宅型有料老人ホーム、施設形態ごとの特徴やサービスの違いがあります。老人ホームの費用には、介護保険が使えるものもあれば介護保険外で自費となるものもあったり、入居後に知ると生活が成り立たなくなるような危険が潜んでいます。

有料老人ホームで看取りや医療を行うことはできるのか

消費者庁は2018年3日、イリーゼを展開するHITOWAケアサービス株式会社に対し、景品表示法違反が認められたとして再発防止を求める措置命令が出されました。

問題となったのは「終の棲家として暮らせる」と広告する一方で、他の入居者や従業員に危害を及ぼす恐れがあり対応しきれなくなったケースなどでは、その入居者との契約を解除できるということが矛盾しているとして、措置命令となりました。高齢者や家族が誤解し、どんな状態でも最期まで生活できると勘違いして契約を結んでしまうケースを防ぐための措置とされています。

この問題はイリーゼに限ったことではなく、サニーライフなどの有料老人ホームでも契約解除についての条件が契約や重要事項説明書に含まれているケースが多く、有料老人ホームも多くは看取りまで対応する努力はしつつも、100%施設で最期を迎えられるように対応するわけではないといえます。

比較的料金が安めで他拠点に展開している有料老人ホーム

有料老人ホームには非常に高い価格帯の高級有料老人ホームもありますが、比較的安い価格帯である20万円前後で入居できる大手企業が運営の全国展開している施設を紹介します。

ALSOK介護のアミカの郷

アミカの郷は、ALSOK グループの一員である有料老人ホームなどの介護事業のブランドです。

有料老人ホーム「はなことば」

有料老人ホーム「はなことば」を運営するプラウドライフ株式会社は、ソニー生命やソニー損保などを傘下に持つソニーフィナンシャルホールディングスの一員のソニーグループ企業です。

料金が安めの有料老人ホームでもサービス内容は施設次第

サニーライフとイリーゼを例に挙げて紹介してきましたが、ブランドで比較しても結局は施設ごとに雰囲気や特徴が異なっています。スーパーマーケットやドラッグストアなどのように、同じブランドであればどこのお店に行っても同じような雰囲気が整っているというものではなく、介護施設の場合にはその施設の管理者や働く職員、入居している方々の状態などに応じてかなり個性豊かになるというのが介護施設選びで難しいポイントです。

ネット上の口コミや評判はあまり当てにならず、入居者しかわからない

サニーライフとイリーゼに限らず、比較的良心的な価格であるALSOK グループの一員である「アミカの郷」やソニーフィナンシャルホールディングスの一員の「はなことば」なども、評判や口コミは良いものもあれば悪いものもあります。介護施設を利用した時の評判や感想というのは自分を担当してくれた職員の方の印象や、ケアマネージャーの振る舞いなども口コミや評価にかなり影響するので、結局のところ介護施設選びは自分の家を探す時と同じように、自分で足を運んで見学し、入居についてわからないところは相談し、入居する予定の方だが暮らした時にどのような暮らしになるのかをしっかりと考えなければ決められないものなのです。

有料老人ホームのサニーライフで、2022年1月31日までにご入居する方を対象として一部の施設で実施している「開設150ヶ所達成記念キャンペーン」は、通常だと月額15万円~20万円かかる月額利用料が、破格の10万円程度になっています2022年1月31日まで期間限定なので、早めに資料請求することをおすすめします。また、他のサニーライフでもキャンペーンを行っている場合もあるので、サニーライフの資料請求や入居相談は早めに動いた方が良いでしょう。

年末年始に向け、介護施設・老人ホームの資料請求・比較はこちらから!

老人ホームや高齢者の住まいは高いと思っていませんか?
高いホームもありますし、年金受給者や生活保護の方も入居できる施設情報もライフル介護にはあります。ライフルホームズなら、将来も見据えたシニア向け住宅から、要介護状態でゆったりと過ごす老人ホームまで、家賃や介護の費用、立地などから探して資料請求できます。

老人ホーム・介護施設の検索なら【ライフル介護】 老人ホーム・介護施設の検索のライフル介護

  • 【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】の介護版!
  • 月間サイト利用者数は120万人以上
  • 相談料・仲介料・入居手数料などはかかりません

\ 資料請求や比較も簡単! / 老人ホーム・介護施設の検索のライフル介護 老人ホーム・介護施設の検索のライフル介護

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう