特養・サ高住などの老人ホームを英語で言うと

特別養護老人ホーム(特養)を英語でいうと

老人ホームのことを英語で「Nursing home(ナーシングホーム)」と言います。ナーシングと言う英語は、看護師を意味する「nurse」のことです。英語で「Nursing home(ナーシングホーム)」と表現する場合には、自立度が低く、看病や看護、介護が必要な方向けの施設(ホーム)というニュアンスになります。

また、別の表現だと、「assisted living facility」で、訳すると生活をアシストする施設ということで、24時間体制で警備や見守り、呼び出しのナースコールなどが備え付けられている施設を意味します。

日本で言う「特別養護老人ホーム(特養)」は、ナーシングホームか、アシスティドリビングファシリティという英語で適切かと思います。

高齢者向け住宅や、比較的自立度の高い方向けの有料老人ホームなどを英語で表すと?

高齢者向け住宅や、比較的自立度の高い方向けの有料老人ホームなどを英語で表すと

  • 「Retirement home」
  • 「Assisted living residence」
  • 「assisted living condominium」

などの表現になります

こちらの表現は、患者や利用者の自立度が比較的高いため、生活支援はありますが常時対応するという体制ではないときの表現です。ですので、日本のサービスつき高齢者向け住宅(サ高住)に近い表現です。

介護施設探しがスムーズ!パソコンが苦手でも簡単に調べられます!

ライフル介護は「掲載施設数 No.1」 だから、他のサイトでは見つからない介護施設も見つかる!
特養、老健、ケアハウス、有料老人ホーム、グループホームなど、まとめて無料で資料請求・相談ができます!

希望のエリアは?
いくらかかるか確認

海外の老人ホームってどんな感じ?

海外の老人ホーム(assisted living residence)には、映画館、ジム、ヨガ教室、ネイルサロンなどいろいろな設備があるケースもあります。

海外の老人ホーム(assisted living residence)は、生活をアシストするという意味では、care(ケア・ケアする)という意味とは違い、広い意味で入居者・入所者のliving(生活)をアシストするというコンセプトが根付いているのかもしれませんね。

日本の老人ホームも少しずつ「ケア」を与える形から、生活を「アシスト」する自立支援の形に移行してはきています。欧米とは文化的な違いはありますが、その方の状態にあった遊んで楽しんで、自発的に健康増進できる施設が増えるといいですね。

介護施設・老人ホームの資料請求が無料

老人ホームや高齢者の住まいは高いと思っていませんか?高いホームもありますが、年金受給者や生活保護の方も入居できる施設もたくさんあります。お部屋探しのCMでも有名なライフルホームズなら、将来も見据えたシニア向け住宅から、要介護状態でゆったりと過ごす老人ホームまで、家賃や介護の費用、立地などから簡単に探して資料請求できます。

探したい地域は?
検索して資料をもらう

地域で探す 老人ホーム・介護施設の検索なら【ライフル介護】 老人ホーム・介護施設の検索のライフル介護

  • 介護施設も探しやすい!ライフルホームズの介護版!
  • 月間サイト利用者数120万人以上!資料請求も簡単!
  • 相談料・仲介料・入居手数料などはかかりません

\ まずは資料集めから / 老人ホーム・介護施設の検索のライフル介護 老人ホーム・介護施設の検索のライフル介護

介護施設・老人ホームの『ここが気になる!』よくある疑問に答えます!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう