サニーライフは生活保護受給者の人も入居できる?

介護施設・老人ホームの検索・比較・相談はこちらから

LIFULL介護では、全国3万件以上の老人ホーム情報から、料金や空き状況を確認できます。
LIFULL介護は、登録料、紹介料、仲介料などは一切かからず、「認知症相談可」や「月8万円以下」などのこだわり条件まで幅広い。
老人ホームには定員があり、空きがないと入居できないため、ゆとりをもって複数の施設の見学をおすすめします。

\ [PR]施設の評判、料金や空き状況を簡単に確認できる!

有料老人ホームサニーライフに生活保護受給者の人も入居できるのか気になる方も多いと思います。

結論からお伝えすると、サニーライフで生活保護受給者の人も入居相談は可能ですが、入居できるかは施設側、福祉事務所の職員(ケースワーカー)により可否が判断されることになりそうです。

ライフル介護などで介護施設や老人ホームを検索するとサニーライフよりも安い施設もたくさん出てきます。まずは資料請求から進めていくことをお勧めします。

老人ホーム選びは候補の資料を取り寄せてケースワーカーと相談

自分や家族の資金で老人ホームの入居費用を支払うのであれば、自分の希望する条件の施設の資料を請求して直接施設の担当者と入居相談をして決めていくという形になります。

しかし、生活保護受給者の場合には、介護施設に入居したいという意思はあっても金銭面の問題もありますし、その他の生活面のこともありますのでまずは資料請求までは行うというのは良いでしょう。

老人ホームや介護施設の資料を請求した上で、生活保護受給の担当をしている市区町村の福祉事務所職員(ケースワーカー)に相談します。生活保護で支援される生活扶助や住宅扶助の上限額は各自治体によって異なるため、生活保護の状態で希望する施設に入れるとは限りませんが、自分の希望する介護施設や老人ホームを伝えた上でできるだけ希望に沿った施設に入れると良いかと思います。

生活保護の状態であることを資料請求段階で伝えるのも効率的に進める方法

介護施設や老人ホームを探すときにライフル介護などの介護の情報サイトを使うと探しやすいです。ライフル介護などで施設を探す時には、費用の条件や各施設で生活保護受給者の相談が可能かなども書かれているページもありますので、参考にしながら絞り込んでいくと良いと思います。サニーライフなど比較的費用が安い老人ホームの場合であれば、生活保護受給者の対応が可能かどうか明記されていない場合でも資料を請求し確認してみるのもありでしょう。

サニーライフより安い施設、生活保護の方も入居できる施設はある

テレビ CM をよく見ることがあると思いますので、老人ホームとサニーライフという言葉が思い浮かぶと思います。サニーライフやその他の安い施設に関することは、こちらの記事をご覧ください。

 

サニーライフは有料老人ホームという中では安いですが、サニーライフよりももっと費用が安い施設、高齢者の住まいはライフル介護で探すとたくさん出てきます。まずは比較・資料請求して情報を集めることが大切です。

介護施設・老人ホームの資料請求・見学相談はこちらから

LIFULL介護では、全国3万件以上の介護施設情報から、料金や空き状況を確認できます。 介護施設は空室・空きベッドがないと入居できないため、ゆとりをもって複数の施設の見学をおすすめします。

\ [PR]条件に合う施設、施設の空き状況を確認できます!

介護施設・老人ホームの『ここが気になる!』よくある疑問に答えます!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう