よく読まれている記事
\ 施設の情報の確認・入居のご相談はこちら /

軽費老人ホームとは(ケアハウス)

軽費老人ホームはケアハウスとも呼ばれ、家庭環境や経済状況などの理由により、自宅での生活が困難であり、日常生活にも不安がある高齢者向けの公的補助がある福祉施設です。
軽費老人ホームには「一般型」と重度の介護にも対応できる「介護型(特定施設)」があります。

軽費老人ホームは費用が大幅に安いのか

軽費老人ホームという名前を見ると、他の老人ホームよりも大幅に費用が安く済むような印象を持ちます。以前は所得が低い人でも安心して生活ができるように社会福祉法人竹が運営できる助成制度を利用できる福祉施設という位置づけでしたが、民間企業が運営する特定施設という枠組みができてからは営利企業も参入しています。軽費老人ホームの中には、一般的な有料老人ホーム等と同じように、入居一時金が必要なところもあり、必ず安い費用で済むというわけではなくなってきています。

一般型の軽費老人ホームとは(一般型のケアハウス)

一般形の軽費老人ホームとは、身の回りのことがある程度できる人を対象とした施設で、食事や安否確認、レクリエーションなどのサービスが提供されます。一般形の軽費老人ホームで介護サービスを利用する場合には、自宅で生活しているのと同様に、通所介護や訪問介護など介護保険の居宅サービスを利用することになります。一般型の軽費老人ホームでは、24時間体制での介護を提供することは難しいため、介護度が重くなると住み続けることが難しくなります。

介護型の軽費老人ホームとは(特定施設)

介護型の軽費老人ホームは、介護付有料老人ホームや特別養護老人ホームなどとほぼ似ている仕組みであり介護保険上の「特定施設入居者生活介護」の指定を受けており、24時間介護を提供できる体制で介護職員が配置されています。

介護型軽費老人ホームは、介護保険の特定施設入居者生活介護として、生活上の介護を行う為、要支援または要介護認定を受けている方しか原則入居できません。(中には自立の方も特別な料金設定をしている施設もあります。)

特定施設の要件である、介護職員・看護職員の配置が3対1以上など、一定水準の人員や運営上の基準がある施設です。特定施設の指定を受けている軽費老人ホームの場合には、認知症の対応や、看取りの対応もしている施設もあります。

軽費老人ホームへの申し込み方法

軽費老人ホームへの申し込みをする時には、直接老人ホーム申し込みを行うことが多いです。自治体の中には、役所への申し込みも必要なところもあります。

地域の介護施設を探して比較

  • 全国30万件以上の圧倒的な介護事業所情報数
  • 入居希望時期・介護度・予算など条件から現実的な施設がわかる
  • 相談料・仲介料・入居手数料など一切なし!完全無料

\ まずは希望条件から探す /

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします