高級シニア向け住宅「サンシティ」の特徴・費用・口コミのまとめ

高級シニア向け住宅の「サンシティ」の特徴・費用・評判・口コミなどをまとめて紹介します。あくまでもインターネット上の公開情報になりますので、詳細についてはライフル介護での資料請求や入居相談担当などにご確認ください。

高級シニア向け住宅の「サンシティ」とは

株式会社ハーフ・センチュリー・モアの運営する高級シニア向け住宅の「サンシティ」は、「会員制のホテルのような空間でのくらし」をコンセプトに開発されています。

入居一時金や入居中の費用は一般的なシニア向け住宅よりかかりますが、富裕層にとっては高すぎるとは思わない費用だと思います。

「サンシティ」は「会員制の上質なリゾートホテルのような住空間はもちろん、ゆったりとした共有空間も、ご自宅の応接として、そしてサブリビングとして、存分にお使いください」とアピールされている通り、施設全体が立地でゆとりある高齢者のために作られていて、同じような生活水準の高い入居者たちとともに穏やかで充実した生活が送れる場所です。

株式会社ハーフ・センチュリー・モアの特徴

株式会社ハーフ・センチュリー・モアの特徴としては、経営基盤が強いことが挙げられます。株式会社ハーフ・センチュリー・モアの株主には、日本の名だたる企業が入っているだけでなく、経営陣も日本を代表する企業の取締役などが着任しています。取締役会長には、株式会社永谷園ホールディングス 代表取締役会長の永谷氏が取り仕切っており、有料老人ホームや高齢者向け住宅を運営する企業の中でも多様性があり、多角的な視点で良質なサービスを企画設計することに長けている企業であるといえます。

株式会社ハーフ・センチュリー・モアの経営状況

有料老人ホームや高齢者向け住宅を運営する企業はほとんどの企業が借金をするか土地オーナーとの共同開発などで危ない橋を渡るような企業経営状況になりやすいですが、株式会社ハーフ・センチュリー・モアは借り入れはなく安定経営しています。企業なので利益追及はもちろんですが、借り入れの返済に追われることなく施設開発や運営を行えることは、入居者のサービスにも返ってくると思います。

資本金120億円、借入金のない安定経営を堅持しています。お客様の信頼にお応えするために、利益を効率的に還元し、未来の安心をより確かなものにしています。お客様の幸せな笑顔を、ずっとつくりつづけること。私たちは、このことを唯一の目標にして利益を活用し、よりよい施設、おもてなし、運営組織づくりをすすめてきました。 お客様さえいてくだされば、いつまでも安定したおもてなしをお届けしていける。愛され、信頼されつづけることが、つまりはお客様の安心につながっていく。
増えつづけるお客様の信頼こそが、私たちのちからであり、皆様の安心の根幹なのです。 サンシティはこれからも、お客様が満足することだけを考え、これまでの実績の上にさらなる未来をお約束します。

介護居室や一時介護室など、段階に応じたサービスがご利用いただけます。24時間介護が必要になった場合も「ロイヤルケア」にてサポートがあります。

「サンシティロイヤルケア」は特定施設入居者生活介護を提供する介護付き有料老人ホーム

ロイヤルケアは、「サンシティ調布ロイヤルケア」「サンシティ木津ロイヤルケア」「サンシティ熊谷ロイヤルケア」の3施設あり、介護専用で、介護保険の特定施設入居者生活介護を提供する介護付き有料老人ホームです。

サンシティはシニア向け住宅ですが、介護や医療が必要な状態になっても住み替えの追加費用の負担はなく、介護保険法の標準体制の倍の人員を配置、看護スタッフも24時間常駐のサンシティロイヤルケアで対応できます。

資金面に余裕があり、安心で楽しみのあるシニア生活を謳歌しながら、介護が必要になった時も上質な生活を送ることも考えると、サンシティのシニア向け住宅は魅力的です。

高級シニア向け住宅のサンシティに入居する際の入居一時金、月額費用の目安

サンシティはシニア向け住宅であり、多くが満70歳以上で自立されている方が対象です。サンシティの入居にかかる費用は、入居一時金と健康管理費があり、この費用を合わせると、お部屋の広さなどによりますが入居時に2000万円から1億5000万円ほどになります。所定の償却期間内に退去された場合は、入居期間に応じた返還金があります。

毎月必要な月額費用としては20万円から30万円くらいかかりますが、月額費用には食費や光熱費などが含まれていますので、サンシティが提供しているような高級ホテルのような食事や生活環境など充実した生活を送る上では必要ではないかと思います。

高級シニア向け住宅のサンシティの口コミ・評判

高級なシニア向け住宅であるサンシティは、日本の名だたる企業が株主になっていたり経営陣になっていることもあり、入居者も社会的地位が高い方や会社の役員だったかなどステータスの高い方が多いです。

日本を代表する色々な企業の経営陣が株式会社ハーフ・センチュリー・モアの経営を行い、高級なシニア向け住宅であるサンシティを開発しているので、リッチで格式ある生活をしている人たちが自分たちの老後を考えながら最高級のサービスを作り上げようとしていると言うことがうかがえます。そのため入居一時金が1億円ほどかかるなど一般人では入居が困難ですが、一定の資産があり一定の所得がある方にとっては充実した老後生活が保障されたような環境を手に入れられることでしょう。

このような高級な施設であるので、あまり口コミや評判などは出回りませんが、高級住宅街や高級マンションなどに住んでいる方が老後も安心な環境で生活すると考えると、株式会社ハーフ・センチュリー・モアの「サンシティ」は有力だと思います。

もともと、会社を経営していて今も配当がもらえているし、一等地に住んでいて一般より生活水準が高かったので、これからも同じような水準や考え方の人たちと生活できるのは理想じゃのう。サンシティはいろんな企業が集まって最高級の高齢者の住まいを作り上げようとしているので堅実な選択ではないかのぉ。まだ介護が必要なわけではないが、資料請求をして元気なうちから考えたいね。

高齢者・要介護者の住まい探しはこちらから

LIFULL介護は全国38,000件以上の有料老人ホーム、高齢者向け賃貸住宅などの情報を掲載する、業界最大級の介護施設ポータルサイトです。テレビCMでもおなじみの ライフルホームズ の会社が運営しています。
在宅生活が困難になった、認知症を発症して心配になったなど、年金を主な支出元とされる方・生活保護を受けている方から、上質な暮らしへのこだわりが強い方まで、条件にあった住まい・施設を探すことができます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう