よく読まれている記事
\ 施設の比較・入居の相談はこちら /

老人ホーム入居で重要な食事

見学の際には可能であれば食事の時間に訪問し、食事の様子はぜひ見ていただきたいポイントになります。なぜならば、入居者さんの最大の喜びの1つが食事だからです。その食事を楽しそうにされているのか、そうでないのかはひと目見たらわかります。これはその場の雰囲気や、入居者さんとスタッフの様子で、言葉での説明は要らないと思います。そのほかにも朝食・昼食・夕食、老人ホームに入居したら毎食その環境で食事をいただくので、味だけでなく食事をとる環境や雰囲気は必ずチェックしましょう。老人ホームでの食事中の見学でチェックしたいポイントを詳しく解説します。

スポンサーリンク

良い老人ホームに入所するための食事のチェックポイント

  • 治療食・介護食(食形態)への対応
  • 食事を食べている環境
  • 食事の時の臭いと空調
  • 食事の時の職員の人数
  • 食事の介助をされている人の人数
  • 食事を食べている時の職員の立ち位置や動き
スポンサーリンク

治療食・介護食(食形態)への対応

老人ホームでの食事について、食事に力を入れている老人ホームでは施設の中に厨房があり、施設内でできたての料理を提供すると言うスタイルが増えています。また、献立についても管理栄養士や調理師などが栄養バランスや見た目をしっかりと考えて作っている体勢も高評価です。食事は毎日三食食べるのですが、毎回同じような食事だと飽きてしまいますし、あまり変化のない老人ホーム生活の中で食事に彩りや季節感などがあるとより充実した老人ホーム生活を送ることができます。

老人ホームでの食事の内容としてもう一点チェックしたいポイントとしては、「イベント食」という季節感のある食事や、正月やクリスマス、土用の丑の日など日本の文化的にちょっと特別な食事をとる時に合わせた料理を提供してくれるかというところも確認したいところです。

治療食にどこまで対応できるか

老人ホームに入所する状態とは、体や生活の面で心配事が出てきている状態です。特に食事については、糖尿病や腎臓病、高血圧などの体調や病気の面による配慮や、飲み込みが悪くなってむせやすいなどお口の能力に応じた配慮など、若い健常者と比べると入居者の個別の状態に合わせた食事の準備が必要になります。

刻み食やミキサー食など介護食(食形態)に対応できるか

食事をとる時には、歯でしっかりと噛んで、口の中でもぐもぐして、ゴクンと飲み込むのですが、老化や病気の状態によっては飲み込むことが難しくなったり、飲み込んだ時に気管に食べ物が入ってしまい「誤嚥性肺炎」になるなど命の危険に直面する場合もあります。

介護施設や病院の食事などでは、口腔の機能や飲み込みの状態に応じて、「刻み食」「ミキサー食」「とろみ付き」など、離乳食のような食べやすい形の食事の提供の仕方を実践している施設が多いです。

近年では、ただミキサーで細くしてとろみをつけただけでなく、食材の風味や味付けを崩さずに食べやすい形で提供できる「ムース食」という形で手間をかけて提供してくれるところもあります。老人ホームに入居する予定の方が実際に食事をする場面を見学時に見ながら、体が弱った時の事も想像して食事の様子をチェックしてみましょう。また、治療食や介護食についてどの程度まで対応してもらえるか施設の方に質問してみるのも良いと思います。

スポンサーリンク

食事を食べている環境

老人ホームを見学する時には食事を食べる時の環境面も観察することが大切です。見学をしている時には食事そのもののメニューのことや、食事を食べる時に介護職員が介助してる様子などが目に入ることが多いですが、テーブルの配置や、食堂の座席の配置などにも注意してみることが大切です。

老人ホームを 見学する段階では、 少なからずその老人ホームに入居して実際に生活を送り食事を食べるということも可能性があるのです。どれぐらいのテーブルの大きさで、周りの人が食べているのが気になるか、テーブルの高さが食べやすい高さか、トイレなどに行きやすい距離なのか、 トイレが近すぎて音が聞こえたり匂いがしたりしてしまわないかなとも実際に老人ホームで入居して生活するとなると押さえておきたいポイントです。

食事の時の臭いと空調

食事を食べる時の環境として、見落としがちですが重要なポイントとして空調や臭いの管理があります。老人ホームの多くが鉄筋コンクリート造りの空気の循環が悪い建物です。職員が意識して換気をしたり、 設計上空気の通り道がしっかりと考えられた構造であるなどでない限り、食事中の臭いがこもってしまったりします。食堂は多くの施設でそのフロアの真ん中辺に位置していることが多いため、 空調設備も食堂に集中していて各居室から発せられた臭いなども食堂に集まってくるような空気の流れになっていることもあります。実際に老人ホームで生活するとなるとこのあたりの空気の流れも健康な生活や美味しい食事に影響してきますので注意してみましょう。また、集団生活を送る中では、 冬場の感染症についても注意しなくてはならない点です。施設の構造上、インフルエンザやノロウイルスなどの感染症に関しても空調の設備で罹患する率が変わってきます。食事とは少し離れますが、 冬場の湿度の管理についてや、万が一老人ホームに入居中に感染症にかかってしまった時には食事はどのように取るのか、もし自分の部屋に運んでもらって食べる場合には別料金がかかるのかなども見学時に確認できると良いかもしれません。

食事の時の職員の人数食事の介助をされている人の人数

老人ホームでは介助が必要な高齢者が多く入居しており、 食事に関しても食べさせてもらう介助、通称「食事介助」を行なっている人数がどれぐらいいるかによって職員の人の心の余裕が変わってきます。老人ホームには利用者何人に対して職員何人という人員の基準がありますが、その基準よりも極端に多くの人員を確保している施設はそうそうありません。 もしも食事に介助が必要な人が何人もいる場合には、職員はその人につきっきりになったり、場合によっては何人もの利用者の食事の介助を同時に行うなどして余裕がなく、その周囲で食事をとる人もなんとなくせかせかした気持ちになったり、見ていて可哀想な気持ちになったりすることもあります。また食事とセットで食後に薬を内服する場合も多いと思います。 この時の薬の受け渡し確認などを老人ホームの介護職員が行うこともあり、食事の介助が必要な人が多いと、なかなか薬がもらえなかったり、 食事で食べ終わったので薬をもらいたいと言い出すのも躊躇するような気まずさのようなものがあるかもしれません。老人ホームに入居する中では、自分も多くの介助を受ける可能性もありますし、職員さんに色々迷惑をかけることもありますし、 体調を崩すこともあるのでみんなお互い様ではありますが、居心地が良さそうなレベルの人が多い施設であるかを確認することが見学の醍醐味だと思います。

食事を食べている時の職員の立ち位置や動き

食事を食べる時に介助が必要な人がどれくらいいるかという点が大切というお話をしましたが、 食事の場面を見学できた場合には、職員がどの辺りに立っているかということも確認しておきたいポイントです。食堂の中にナースステーションのようなところがあり、介護職員は食事中はそこで書き物をしているという場合もあります。

またその逆に、高級レストランのようにいつでも対応できるように職員の人が利用者を見渡せる位置に立って観察している場合もあります。 ずっと見られているのは嫌だと思うかもしれませんが、どちらが良いかと言うと職員の人が食事中気を配ってくれている方が良いです。 介護職員は介護をするだけではなく、普段どんなふうに食事をとっているのか、 食事をいつもと同じペースで食べるているか、しっかりと噛んで食べているか、周りの利用者といい雰囲気でいられるかなど、より安心して食事をとったり、安心して生活を送っていただくために考えながら食事のチェックをしている職員もいます。介護の仕事の中では、記録を取るということも大切なことですが、やはり利用者を観察してその方に合った接し方、支援の仕方を考えたり、事故や誤嚥などがあった時には直ぐに対応できるような体制で臨んでくれている職員がいるところの方が安心して生活できます。

老人ホーム見学時の食事のチェックポイントまとめ

老人ホームに入居する前に食事を見学する場面があったら観察しておいてほしいポイントをご紹介しました。もしその老人ホームに入居したら、毎日朝昼晩あるのは食事です。 食事の献立が魅力的であったり、美味しいということはもちろん大切ですが、食堂の環境や、食事をする時の雰囲気を入居する前に確認できると安心して入居生活を送れるかと思います。

施設によっては体験入居などを受け付けているところもありますので、 食事の雰囲気や食事の味などを確かめて入居したい場合には見学の時や見学前に体験ができるかどうかを相談してみると良いでしょう。老人ホームの紹介サイトに登録して、アドバイザーに相談すると施設ごとの食事の特徴や体験入居で食べることができる食事のことなども事前に確認できます。老人ホームを比較しながらより良いところを選びたい場合には老人ホームの紹介サイトに登録してアドバイザーに相談すると良いと思います。

地域の介護施設を比較して探そう!

  • 全国30万件以上の圧倒的な介護事業所情報数
  • 入居希望時期・介護度・予算など条件から現実的な施設がわかる
  • 相談料・仲介料・入居手数料など一切なし!完全無料

\ まずは希望条件から探す /

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします